舞台版「天誅」

posted in: その他イベント | 0

 57日~11日にかけてシアターサンモールにて開催された舞台版天誅を、9日に見てきました。

tenchu2

日本発、世界でもミリオンヒットを記録した忍者ゲーム「天誅」シリーズを舞台化したものであり、本学の小島一成准教授がMOCAPテクニカルディレクターとして技術協力をしていました。

取材をする前に舞台を見たのですが、オープニングから鳥肌が立つほど感動しました。

私たちは天誅のゲームをやったことがなく、知識があまりありませんでしたが、それでも十二分に楽しめる作品になっています。アクロバティックな動きに壮大な音楽が加わり、大迫力な演技でした。所々に笑いの要素もあり、会場が盛り上がったりする場面も見られました。思いのほか若い層の人が多く見られ、驚きました。

舞台終了後、使用した機材を見せていただくことが出来ました。

tenchu3

小島先生に後日お話を伺ったところ、「舞台でリアルタイムでMOCAPを扱うのは始めての試みだったので新鮮だった。業界の方々から勿体ない、面白いとの反応があった。」と仰っていました。

小島先生、関係者の皆様、お疲れ様でした!

取材にご協力いただき、ありがとうございました。

 tenchu8   wewsdc

Leave a Reply