サウンドクリエイティブスタジオを紹介!

posted in: 施設・設備 | 0

情報学部棟12階にあるサウンドクリエイティブスタジオについて取材してきました。

サウンドクリエイティブスタジオとは、簡単に言えば、サウンドコンテンツを制作できるスタジオです。中は、音声編集室と音声録音スタジオの二つに分かれています。

まず、音声編集室に入って機器の説明などをしていただきました。この音声編集室には、DAWソフトウェアをはじめ、映像を組み合わせた音声編集用機器もそろっています。

IMG_7933

次に入った音声収録スタジオでは楽器など音声の収録ができます。なんと最大48パートの同時録音が可能なレコーディング機器がそろっています。演奏者へのモニター環境もあり、本格的なレコーディングが可能です。

このサウンドクリエイティブスタジオは、サラウンドコンテンツ制作や音響に関する教育などで主に使われています。特に、360度どの方向を向いていても違和感なく音声が響くような空間を成立・表現できるようなコンテンツの制作について研究がおこなわれています。

そんなサラウンドコンテンツ制作の主なものとして、サラウンドピアノがあります。サラウンドピアノとは、一般のピアノに、コンピュータとサラウンド音響を用いて、新たに音響空間を扱えるようにしたシステムのことです。ピアノに取り付けているマイクから入力された音を、コンピュータで調整し、音声を流すことにより、サラウンドな音響空間表現を実現しています。この調整は、演奏者の足元にある二つのペダルで操作できるため、演奏者が自らの演奏表現に音響空間表現を組み込むことができるようになっています。

IMG_7977  IMG_7996

サラウンドピアノを実際に体験して、とても感動しました!

また、次世代音楽音響システム研究プロジェクトでは、サラウンドピアノを利用したDVDの制作から販売までを行い、今までに2枚発売しています。ちなみにこれらのDVDはネット販売のほか、神奈川工科大学の売店でも販売されています。

IMG_7970

サラウンドピアノのシステムは他のアコースティック楽器にも応用が可能であり、現在はウッドベースを使用したサラウンドベースの開発も始まっているようです。私たちも今後の研究の発展に期待がふくらみました!

IMG_7974

 取材に協力してくださった黒川先生、本当にありがとうございました。

IMG_8015

Leave a Reply