TOKYO GAME SHOW 2016

posted in: 未分類 | 0

2016年9月15日~18日の4日間にわたり幕張メッセで開かれるTOKYO GAME SHOW 2016(以後TGSと表記)に取材に行ってまいりました!

ビジネスデーである9月16日に取材に行ってきましたが、大変賑わっていました。

場内の様子
場内の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17日・18日の一般日に行かれる方にぜひ行っていただきたいブースがあります!

まず、はこのブース!

神奈川工科大学ブース
神奈川工科大学ブース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホール3のゲームスクールコーナーにある、神奈川工科大学のブースです!

ここではD科のゲームクリエイター特訓を受講している生徒が制作したコンテンツを展示してあります。

今回展示しているのは、

『拝爺ハウス』

『漬物これくしょん』

の2点!!

img_0153mini

 

 

 

 

 

 

 

 

『拝爺ハウス』は生活習慣の改善を目的としたコンテンツで、小さなお社の中から仙人のおじいさんが朝起こしてくれたり、

手を叩いて拝むとお社から出てしゃべってくれるという、なんとも心がほっこりするコンテンツとなっています。

ぜひこのブースに来てお社の前で手を合わせてみてはいかがでしょうか!

広報部員が漬物を漬ける様子
広報部員が漬物を漬ける様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お次は『漬物これくしょん』

漬物桶の上につけ石に見立てた”なくしたくないもの”を置くことで漬物を漬けることが出来るというコンテンツです!

忘れ物・無くしもの防止のためのスマホアプリで漬けた漬物をコレクションすることが出来ます。種類も様々でレア度もあるという仕様、

漬物桶の上からものをどかすと完成した漬物のレア度と漬物の豆知識などを知ることが出来ます!

ブースでは実際に漬物を漬けることが出来ます!お立ち寄りの際はぜひお試しください!!

 

また、ホール9ではCEDEC2016インタラクティブセッション特別コーナーにて、白井研究室の学生たちが開発した

『多重化多視点 VRアーケードゲームシステム -DUAL DUEL-』

が出展されています!CEDEC2016に出展されたこのゲームは評価が高かったため急きょTGSにも出展されたようです!

多重化多視点VRアーケードゲームシステム -DUAL DUEL-
多重化多視点VRアーケードゲームシステム -DUAL DUEL-

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このゲームは2人対戦用ゲームで、お互いの戦車を破壊し合うというシンプルなものですが、

すごいところは画面が1つしかないのにプレイヤー1人1人が自分1人だけのプレイ画面でゲームをプレイできるのです!!

プレイヤー1の視点
プレイヤー1の視点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレイヤー1の視点
プレイヤー2の視点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、プレイしている画面を見る観客視点の真上から画面を見ると某笑顔動画のように文字が流れて見えるようになっています。

やっている人も楽しい、見ている人も楽しい。そんなゲームになっています。

このブースに行けばこのゲームを実際にプレイすることが出来ます!ぜひ遊んでみてください!

 

神奈川工科大学のブースでは、D科の先生方や制作スタッフの生徒たちがお待ちしております!

calaboなどの雑誌も無料配布しておりますので是非、神奈川工科大学のブースにお立ち寄りください!

なお、私たちD科広報部のイメージキャラクターであるめ~でぃあちゃんが描かれたメモ帳も配布しておりますのでぜひお持ち帰りください!

佐藤先生&中村先生
佐藤先生&中村先生

 

 

 

 

Leave a Reply