東京ゲームショウ2013行ってきました!

posted in: 未分類 | 0

東京ゲームショウはコンピュータエンターテイメント協会が主催する日本で最大級のコンピュータゲームをはじめとするエンターテイメントの総合展示会です。今年度は例年よりも参加者が多く会期中の4日間(9月19日〜9月22までの)で27万人以上のお客さんが会場である幕張メッセに足を運びました。

情報メディア学科では、毎年ゲームスクールコーナーに教員の作品やゲームクリエイター特訓などで作成したゲームを出展しており、ゲームメーカーではなかなか制作できない本学科ならではの独特なゲームで注目を集めています。

今回の情報メディア学科ブースの目玉は,メディアゲームクリエイター特訓で制作された『アオモリズム』と昨年度に引き続き出展されている小坂先生の『Food Practice System』です。

 

TGS2013_01
ゲームショウは、ゲーム業界の関係者のみが入場できるビジネスデーと一般のお客さんが入場できる一般デーに別れています。私達が取材に行った日は、一般デーだったので、お客さんの数が多く、入場口や試遊台はすごい行列でした。

  会場に到着してすぐの写真です。一時間後には通路を埋め尽くすほどの人で溢れかえっていました。

会場に到着してすぐの写真です。一時間後には通路を埋め尽くすほどの人で溢れかえっていました。

 

『アオモリズム』
今回、取材してきた『アオモリズム』はゲームクリエイター特訓から生まれた作品です。
ゲームスクールコーナーにしては珍しく、20分待ちの行列ができるほどの大盛況でした。
TGS2013_03
「青森は本州最北の地だけども北のイメージって言うとやっぱり北海道になってしまう」
そこで青森を育てて北海道を小さくするゲームが『アオモリズム』です。
最初は上から落ちてくる北海道の特産物をねぶたのリズムにあわせてタイミングよくボタンを押して青森が跳ね返し、後半は下からくる青森の特産物を北海道にぶつけるというものです。
終盤は上下からくるので難しかったです。

TGS2013_04

 

『Food Practice System』
小坂先生は日本ゲーム大賞のブースに出展していました。

TGS2013_06

実際にプレイしてみたのですが、食べて遊ぶという斬新なゲームでした。ゲーム自体も面白く、にんじん、
ピーマン、トマトが嫌いな子でも遊ばずにはいられないものでした。
詳細は過去記事をご覧くださいTGS2013_05

この作品は日本ゲーム大賞アマチュア部門で特別賞を受賞しました。おめでとうございます!!

今年もみんなの斜め上をいく神奈川工科大学でしたヽ(*´∀`)ノ☆彡

取材担当:2年 遠藤 1年 加藤、菊崎

Leave a Reply