白黒世界を救う⁉『DA・彩魂』inアニ玉祭

posted in: その他イベント | 0

10月17日に埼玉のソニックシティで行われたアニ玉祭というイベントに、神奈川工科大学からあるゲームが出展されました。

その名も『DA・彩魂(だ・さいたま)』

IzlT3C9fik5JUMmozGBxIDHW3jfIvaxjMDa-yTr3yS4[1]

mmMOecTnGFF3Hx_j_uEJulVFxOWVlzYjSptTq1HQ36k[1]

”突如飛来した宇宙人に侵略されたチキュウは、宇宙船のエネルギーとして地上の「色彩」を全て奪われて白黒の世界になってしまった。そんな中、サイタマ県だけは色を奪われずに済んだ。「彩の国」の守り神だが、どこからか(D)あらわれた(A)「彩魂(サイタマ)」の力によって・・・。
「彩魂」は、日本中、そして世界中に色彩を取り戻すため、コロがり始めた。”(アニ玉祭通信より)というのがこのゲームの物語。トラックボールを転がしてひたすら宇宙船を弾き飛ばしたり、ジャンプボタンをうまく使って踏みつぶしたりすることで、日本に色を取り戻すことができるのです。

fH3r1mp-HMsIKVsl9h63NoLmj7CmAynznku4VImwlhM[1]
広報部員が実際にプレイしてみました↑
EGBx6FnCPewBVtORak-TkOzgbp_l2Y-Ge6gweWBtxkE[1]
ゲームが終わると…↑
色を取り戻すとニュースの速報のようにゲーム画面に情報が表示されたり、日本の色を取り戻すとマップが広がり世界中の色を取り戻しに行くことができるようになるので、プレイヤーはもちろん、見ている人も楽しめるゲームとなっていました。

ゲームを誰かがプレイし始めると、ゲームをやるために並んでいる人以外にも、多くの人が足を止めてゲームを見ていました。

XT8IQ8BzaVG-zByUqcgIpQckqe37hpVfpHjo7yURlWU[1]

 

アニ玉祭は、埼玉の地域復興イベントで、アニメや漫画の総合イベントです。『アオモリズム』の開発指揮をしていた中村先生に、”埼玉のゲームを作ってほしい”と依頼があり、本学の生徒がアニ玉祭のためにゲームを開発しました。

プレイヤーが操作する”彩魂”のデザインも埼玉の県章で使われている勾玉が使われており、埼玉要素が満載です。『DA・彩魂(ださいたま)』というタイトルも、「こんなタイトルになりましたがいいですか」と担当の人に確認をとったところ「大丈夫です」と即答されたとのこと。

もし機会があったらぜひプレイしてみてください!

 

Leave a Reply