ハリウッド現役CGアーティスト特別講演

posted in: 授業など | 0

みなさんこんにちは。

 

タイトル通り特別講演が5月11日にありましたので、その時の様子をレポートです!

 

講師にいらっしゃったのは渡邊潤さん

関わった作品には「ベイマックス」「マイティ・ソー」や、

これから公開されるハリウッド版「デスノート」など。

日本では雑誌、「CGWORLD」にてコラムの掲載等、

CGジャーナリストとしても活動中です。

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<特別講師:渡辺潤さん>

 

 

渡邊さんは、短い時間の中でたくさんのお話をしてくださいました。

その中から「!!!」と思ったものを箇条書きにしていくつかチョイス!

 

☆VFXの使用例として、木・電線・竜巻など人以外の背景すべて、

そしてスタントマンと俳優さんの顔差し替え、二重顎の修正など。

 

 

☆パーツを分けて制作する。これによって奥にあるパーツをぼかし遠近感がだせる。

 

☆渡邊さん曰く、自分の意見が通り、その結果良い出来になると嬉しい。

クレジットに名前があると嬉しい。

 

 

その他にもたくさんのお話をしてくださりました。

とってもユーモア溢れる方で、聴講している学生たちもたくさん笑っていました。

講演後は質問のある学生に真剣に答え、アドバイスもしていました。

 

そのほか、ご自身の書籍も出版されているとのことなので、

興味を持った方は「なべ じゅんたろう」で調べてみてくださいねっ!

 

VFXと聞いても、「ワイヤーアクションを撮影しそのワイヤーを消すやつ…」ぐらいの

知識しか持ち合わせていなかった私でも聞いてよかった!と思えたので、

またいつかチャンスがあればいいなと思います♪

 

二重顎を消してほしいと思ってしまった記事担当:片平

Leave a Reply